遮断器とは

遮断器は通常の負荷電流を遮断するほか、機器や電力系統に異常が発生したときに、過電流継電器などと組み合わせて自動的に回路を遮断し、故障系統を切り離すことが可能です。ヒューズとは違い、短絡電流を何度も遮断することが可能です。

遮断器による電流遮断の考え方

短絡事故などが発生したとき、数千から数万アンペアという大電流が流れます。構内に敷設しているケーブルは数百アンペアまでの耐電流性能しかありませんので、このような電流が流れれば瞬時に被覆が溶融し発熱・発火します。それ以前に電力会社側の変圧器や発電機にも大きな負担が掛かる為、このような事故電流は瞬時に切り離す必要があります。

回路を流れている電流を強制的に切り離す場合、電気は電路を流れ続けようとするため、電極が実際に離れたとしても、電極間を電子が流れようと放出し続けます。この電子の流れがアークであり、光と熱を発生させながら電流を流し続けます。

アークは、空気が電離してプラズマ状態になったもので、10,000℃の温度を持ちその温度から光が放出されます。導電性を断つことでアークを消す(消孤させる)のが遮断の仕組みになります。

真空遮断器(VCB)

真空遮断器は遮断騒音が小さく、遮断能力が高く金額もリーズナブルです。普及率が非常に高く、PF・S型を除くほとんどの高圧受変電設備でVCBが採用されています。

  • 同上不要計器類改修状況,計器類解体状況
  • キュービクル旧式高圧遮断機 (OCB) 油入遮断機,同左取外し状況新設用 高圧真空遮断機(VCB),取付完了状況
受変電設備(キュービクル設備)を備えているオーナー様へ
UGS・UAS
高圧ケーブル
真空遮断器VCB
キュービクル
LBS
トップランナートランス

Page Up

栄新テクノへのお問い合わせはこちらから