• 導入のメリット
  • 太陽光発電の仕組み
  • 導入の流れ
  • 導入事例

実用化の進むクリーンエネルギー

クリーンエネルギー新時代へ。太陽光発電システムで今こそ環境共生企業へのスタートを。

弊社は、45年以上の工事実績と豊富な技術スタッフを活かし、当工事の中枢となる電気工事や太陽電池アレイの設置は全て自社スタッフが行います。

また、基礎工事も弊社建築スタッフの管理の元で行いますので、技術面・金銭面の双方で、ご満足頂けると自負しております。
お見積り、ご相談は無償にてお受け致します。この機会に是非、太陽光発電に関心をもって頂ければ幸いです。

また、太陽光発電など、新エネルギーに対しては、助成制度があります。
助成制度の詳細はお問い合わせください。

太陽光発電の5つの導入効果

1.環境貢献

  • *二酸化炭素排出量削減
  • *地球温暖化防止

2.イメージ向上

  • *グリーン調達企業に対しての営業ツールの一つとして
  • *環境ISOの取得・更新ツール
    として
  • *環境配慮企業イメージを確立し、優秀な人材を集める為のツールとして
  • *社会・環境報告書記載事項として

3.省エネ効果

  • *電気使用量削減(省エネ法対策)
  • *遮蔽効果
    (太陽電池を屋根上に平らに設置した山梨県T社での実績では、太陽電池がある部分と無い部分では、屋根表面温度が約15度違うとの結果が出ています。)

4.CSR

  • *地域社会への環境貢献
  • *環境配慮型工場

5.節税効果

  • *節税対策
  • *優遇税制

導入による環境貢献・経済効果

太陽光発電システムの太陽電池容量30.0000kW 年間予測発電電力量30,382kWh/年 年間予想節約電気料金364,579円/年

石油削減効果

6,896.6 リットル/年 ドラム缶(200ℓ)換算 34.5本分/年

二酸化炭素削減効果

2,605.9 Kg-C/年(炭素換算)9,555.0 Kg-CO2/年(二酸化炭素換算)

乗用車走行距離削減量換算

40,660 km/年 二酸化炭素削減効果(年間)の乗用車走行距離削減量換算値です。

森林面積換算

26,755 ㎡ 太陽光発電システムの二酸化炭素削減能力の森林面積換算値です。 ・正方形にした場合の一辺の長さは164m ・京セラドーム大阪のグラウンド2.0個分

硫黄酸化物・窒素酸化物の削減効果

・硫黄酸化物7.292kg/年 ・窒素酸化物7.899kg/年

※シュミレーション事例です。設置場所、その他諸条件にて数値が変動します。

Page Up

栄新テクノへのお問い合わせはこちらから