• 導入のメリット
  • 太陽光発電の仕組み
  • 導入の流れ
  • 導入事例

太陽光発電の導入手順

太陽光発電システム導入の企画から運転開始までの大きな流れは次のようになります。

図:太陽光発電の導入手順

*太陽光発電協会ホームページより抜粋

太陽光発電の施工工程

施工場所 東京都府中市朝日町
建物概要 鉄筋コンクリート造,13階建
太陽電池容量 25kw
連携電力系統 3Φ3線,6.6KV

1.太陽光パネル設置位置の確定

太陽光パネルを設置する為の基礎位置を確定します。その後、既存コンクリートを撤去します。

2.太陽光パネル基礎の制作(1)

強度計算に基づいた配筋を行い型枠を制作します。その後、型枠内にコンクリートを打設します。

3.太陽光パネル基礎の制作(2)

型枠撤去後、基礎立上り周囲にアスファルト防水を行い、押さえコンクリートを打設します。基礎、天端はウレタン防水を行います。

4.太陽光パネル基礎の制作(3)

基礎工事及び防水工事完了。

5.太陽光パネル架台

鋼材の組立鋼材は溶融亜鉛メッキを使用します。

6.太陽光モジュールの取付

太陽光モジュールの取付を行い、屋上の作業は終了です。

パワーコンディショナーの取付・調整 (太陽光パネル設置工事と同時進行します。)

太陽光パネルで発生する直流電力を最大限引き出すように制御すると共に、交流電力に変換する装置です。
*屋内タイプ、屋外タイプがございます。

専用開閉器の取付 (太陽光パネル設置工事と同時進行します。)

既設の受変電設備に太陽光発電専用開閉器を設けます。
*停電作業を伴います。

Page Up

栄新テクノへのお問い合わせはこちらから