• 最近の工事紹介

2013.10.11

太陽光発電工事UPしました!

埼玉県深谷市に390kwの太陽光発電システムを新設いたしました。

【システム構成】
①太陽電池モジュール(容量:1,527枚×250w=381.75kw)
②太陽電池架台
③パワーコンディショナ(接続箱機能、連携保護装置含む)(容量:490kw)
④計測監視装置(遠方監視システム)

1.太陽電池は太陽からの日射を受けると直流電流を発生し、これをパワーコンディショナ(接続箱機能)で集電する。
2.パワーコンディショナはこの直流電力を並列する商用電源の電圧、周波数、位相と同期した交流電力に変換し、全量電力を売電送電する。
3.連係保護装置等により、パワーコンディショナ及び系統の異常時には連携を遮断する。
4.運転データ等は、計測監視装置により収集する。

2012年7月よりスタートした全量固定買取制度は、太陽光発電で生み出した電力を20年間一定額で買い取ることを国が保証した制度です。通常電気は1kwh20円前半の価格で電力会社から買います。ですが、太陽光発電で生み出した電力は1kwhあたり37.8円(平成25年度)で売電する事ができます。
遊休地の活用の新しい切り札として、太陽光発電システムの設置が注目されています。(弊社提案書はこちらです!)

太陽光発電システムを設置するのに適した土地とは・・・
●日当たりがよく、日光を遮蔽するものがない
●起伏がない平地、または南斜面
●近くに電柱(送電設備)がある
この様な条件の土地ではイニシャルコストを抑え、効率的に発電ができるため、大きな収益を見込む事ができます。

土地活用をお考えの方は是非お気軽にご相談ください!

Page Up

栄新テクノへのお問い合わせはこちらから